パワープッシュ(PGBタイプ:前後進・旋回) 

 

PGBタイプは、一台で重量物を《押す・引く・旋回》出来る画期的な装置です。

PGBタイプは装置の改良の後、現在「PGB3」となっています。 

         


1)特色


●パワーハンドラーの優れた機構については、パワーハンドラー、を参照下さい。

●強力な駆動輪の回転力が、床面をスリップせずに伝わる特殊な機構を備えています。

●PGB3単体を移動する時の車輪は、駆動輪と区別され、作業者が簡単に移動できます。

●PGB3は、装置本体と噛合う治具(ヒッチ)を台車側に装着して使用します。 


2)性能

PGB3シリーズはギアの比が異なる次の3種類のタイプがあります。
(Fは駆動輪が発生する駆動力です。押す対象物の重量は、この10倍以上にもなりますが、床面等により異なります)

 

駆動力(t)

移動速度(m/min)

PGB3-40

2.2

17.1

PGB3-50

2.9

13.2

PGB3-70

4.3

8.7


3)ヒッチ

PGB3シリーズは、台車に対してヒッチ(弊社支給)を所定の高さに装着し、
PGB3を台車のヒッチの直下に移動させ、ヒッチとPGB3を結合します。

台車との結合方法との差により、次の3種類のタイプがあります。


・PGB3C/Cup&Disk(Cタイプ):台車側のカップに装置のディスクを挿入する

・PGB3P/Double・pin(Pタイプ)):台車側の穴に装置のピンを挿入結合する

・PGB3プッシャータイプ:台車の構造の一部に装置のブラケットの一部を押し当てて移動


3種のタイプの装置は、ヒッチ及び装置の一部を交換することにより、簡単に変換することができます。

ヒッチを取付ける台車の取付構造は変える必要がありません。


台車へのヒッチの取付位置

         


PGB3C:Cup&Disk(Cタイプ)

 

特色

●前後進・旋回が可能

●スイッチの切り替えだけで、自在に移動

●滑らかな安定した動作

 
      

 

使い方は下の動画にてご理解ください。

 
実際の移動状況

 

 

PGB3P:Double・pin(Pタイプ) 

   

特 色

●前後進・旋回が可能

●床面の凸凹、段差に対する許容値が大きい

●前後進の切り換えはピンの位置交換

●台車ヒッチとの結合操作が簡単

   ← 前進時

     後進時 → 

 

   

 

使い方は下の動画にてご理解ください。



実際の移動状況

  

:

 

PGB3B:ブラケットタイプ


特 色

●前進のみ

●装置の先端にブラケットを装着する

●台車側にはヒッチが必要ない。台車構造の一部をブラケットで押す

●台車の押す高さを変えられる